シャープは、2023年から社内公用語を英語にする方針を明らかにした。

シャープの社内公用語の英語化は、呉柏勲社長が経営説明会で明らかにしたもので、2023年から開始する。

対象となる社員や場面など、具体的な方針はまだ決まっていないが、「グローバル視点での経営改革を進め、海外でのブランド向上を図る」としている。

言語の異なる地域間での対話を促進するほか、グローバル人材を育成し、海外での事業拡大を図る狙い。

社内公用語の英語化は、すでに楽天やファーストリテイリングなどで導入されている。