プレスリリース配信元:JAF

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 坂口正芳)は6月24日(金)、昨年日本気象協会推進「熱中症ゼロへ」プロジェクト協力のもと実施したTwitterキャンペーン「あなたの熱中症を教えて!」で投稿されたエピソードを公表し、熱中症事故予防を呼びかけています。



UTwitterキャンペーン「あなたの熱中症を教えて!」大人でも!?車内熱中症になった方は431名

 2021年8月23日~9月11日の約3週間、JAF公式Twitterアカウントで実施したキャンペーン「あなたの熱中症を教えて!」では3,571の回答があり、そのうち431件は車内で熱中症になった(もしくはなりかけた)とコメントされていました。
 車内熱中症というとお子さんやペットの事故がよく報道されますが、投稿いただいたエピソードのなかには「家族を迎えに行き待っているあいだ、エアコンを切っていたら熱中症になりかけた」というものもありました。大人であっても車内熱中症に陥る危険性は十分にあります。少しでも暑いと感じられる際は無理をせずエアコンをかけるなど熱中症回避のため行動しましょう。



日本気象協会推進「熱中症ゼロへ」プロジェクトに協力し、熱中症防止を啓発しています!

 JAF は車内温度の変化について実験し、毎年その危険を呼び掛けるなど熱中症防止のため活動しています。その活動の一環として、JAF は2021 年度から、日本気象協会推進「熱中症ゼロへ」プロジェクトに協力。春と夏の車内温度実験をもとに「熱中症ゼロへ」の公式サイトでは車内温度が上がってしまった際の効率的な下げ方など、車に乗るときに心がけたい熱中症の予防・対策方法が掲載されています。

▼JAF ユーザーテスト:夏の駐車時、車内温度を最も早く下げる方法は?
https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/user-test/temperature/lowering

▼熱中症ゼロへ公式サイト:熱中症、こんな人は特に注意!「車に乗る人」
https://www.netsuzero.jp/learning/le16



梅雨の谷間の猛暑に注意!たった15分で熱中症の危険


暑さ指数(WBGT)の推移
 JAFが実施した車内温度の検証テストによると、気温35℃の炎天下に駐車した車内の暑さ指数は、窓を閉め切った状態でエンジン停止後、わずか15分で人体にとって危険なレベルに達しました。また、車を日陰に駐車していたとしてもその車内温度の差はわずか約7度で、駐車場所に関わらず外気温が高温である場合は注意が必要です。
 少しのあいだだから、と油断すると大人であっても熱中症の危険は十分にあります。JAFは車内熱中症防止のため、ひろく注意を呼び掛けています。

※暑さ指数(WBGT)は気温、湿度、輻射熱などを総合的に判断した数値で、温度と同じ「℃」で表記される。

▼JAFユーザーテスト:炎天下の車内温度、対策はできる?
https://www.youtube.com/watch?v=27Ej-ZUWvUU


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

記事 36671 PR TIMES
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。