プレスリリース配信元:株式会社セルシス

イラスト・マンガ・Webtoon・アニメーション制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT」の開発・販売を行うセルシスは、2021年11月~12月にヨーロッパ4か国(イギリス、フランス、ドイツ、スペイン)のクリエイター8,000人を対象(*1)に、グラフィックコンテンツの創作活動に関する調査を実施しました。調査はオンラインアンケート形式で行い、各国で10代~40代各500人の計2,000人より回答を得ました。



調査の結果、クリエイターの68.4%がパソコン・ペンタブレット・タブレット端末等のデジタル機材を利用して描いていると回答し、「デジタルで描いてみたい」と回答した22.1%とあわせると90%以上がデジタル制作を志向していることがわかりました。

デジタル制作がコロナ禍以降も定着
「デジタル機材を利用して描いている」という回答は、2020年の67.3%からはほぼ横ばいです。2020年はコロナの影響により前年より13ポイント増とデジタル化が一気に進みましたが、その後もデジタル制作が定着し継続的に利用されている状況が、この結果から読み取れます。年代別では10代クリエイターの70.5%がデジタルを活用していますが、もっとも少ない40代でも65.0%と5ポイントの差となっており、世代による差はあまり無い結果となっています(グラフ1)。

男女別では、男性は76.1%がデジタルを活用し、女性より15ポイント以上デジタル活用が進んでいます(グラフ2)。また、国による差も大きく、最もデジタル化の進んでいるドイツとフランスの差は20.8ポイント開いています(グラフ3)。

(グラフ1)調査全数・世代別
Q- あなたはデジタルとアナログのどちらの方法で絵を描きますか?
パソコン、スマートフォン、タブレットなどデジタル機器を使用して描く場合はデジタル、これらを使わずに描く場合はアナログを選択してください。


(グラフ2)男女別


(グラフ3)国別



パソコンの所有率は70%超
クリエイターの機材保有状況についても調査を行いました。70%以上のクリエイターが自由に使えるパソコンを保有していると回答し、何も機材を所有していないという回答は3.1%にとどまっています(グラフ4)。

(グラフ4)
Q- ご自分または家族が所有していて自由に使えるデバイスを教えてください。



スマートフォンでのドローイング
デジタルペイントはドローイングの専用機材であるペンタブレットのほか、近年ではタブレット端末やスマートフォンでも行われています。スマートフォンでどのような制作を行っているかを調査したところ、SNS投稿用画像の加工が最も多く、メモ、スケッチ、写真に描き足し、動画・アニメ制作などがそれに続きます。完成までイラストをスマートフォンで描くという回答も16.7%ありました(グラフ5)。

(グラフ5)
Q- スマートフォンでは、何をしますか?あてはまるものをすべて選んでください。(複数回答)



デジタルへの挑戦意欲も高い結果に
また、まだデジタル化していないクリエイターには、デジタル化していない理由と、今後のデジタルへの挑戦の意向を質問しました。理由としては半数以上で機材が無い、やり方が分からない、お金がかかるといった項目があげられ、機材を所持しているだけでは超えられない心理面での障壁があることがうかがえる一方で、約70%がデジタルに挑戦してみたいと回答しています(グラフ6)。すでにデジタルを導入しているクリエイターと合わせると、90%を超えるクリエイターがデジタル制作を志向しています(グラフ7)。今後ますますデジタルでの創作活動が身近なものとなり、さらにクリエイターに浸透していくと予想されます。

(グラフ6)
Q- 「いつもアナログで絵を描く」と回答した方にうかがいます。デジタルで描いてみたいと思いますか?


(グラフ7)
Q- デジタルで描いてみたいと思いますか?(全数との比較)


(グラフ8)
Q- デジタルで描かない理由は何ですか?



今回の調査では、コロナ禍で進んだデジタル化が定着し、デジタル制作が浸透している一方で、その進捗には男女別、国別でばらつきがあることが分かりました。アナログ、デジタルに関わらず多くの方が描くこと、創作を楽しめることが重要ですが、アナログでも少し本格的に作品制作をしようとすると、場所の確保や、一通りの画材を揃えるためにコストがかかるなど、いくつかの障壁が生じる場合があります。一方で、デジタル制作も高性能のPC、描画用のペンタブレットやソフトウェアの入手、PCのリテラシーなどが必要であると考えられてきましたが、今日では多くの人がスマートフォン、タブレットデバイスなどの何らかのデジタル端末を持っている状況となっています。そのため、それらのデジタル端末と低コストのアプリを活用して創作を行えるという認識が広まれば、デジタルも画材の選択肢のひとつになり、より多くの方がなんらかの創作環境を手に入れやすくなります。

セルシスでは、より多くの方が気軽に創作を楽しめるよう、使いやすいドローイングアプリをはじめ、デジタル制作の知識を深めるためのコンテンツ、クリエイター同士が交流できる場など、創作をサポートする環境の提供を今後も推進してまいります。

セルシスは創立から30年以上にわたり、グラフィックコンテンツを制作する世界中のクリエイターを、デジタル技術で支援しています。

創作活動をサポートするアプリやサービスの提供を行っており、イラスト・マンガ・Webtoon・アニメーション制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT」はPC・タブレット・スマートフォン版などデバイスの種類を問わずお持ちの機材で本格的な機能を使うことができ、全世界で2,000万人以上(*2)が利用し、デジタルでの作品制作に活用いただいています。また、「国際コミック・マンガスクールコンテスト」や「国際イラストレーションコンテスト」等を開催しており、作品発表の場の提供も積極的に行っています。

*1 直近30日間に絵を描いたと回答した人
*2 体験版ユーザーおよびiPad版、iPhone版、Galaxy版、Android版、Chromebook版のインストール数を含む


調査方法について
本調査は、2021年11月5日~12月23日の期間、MADE IN SURVEYS社(フランス https://en.misgroup.io/)に依頼し、イギリス、フランス、ドイツ、スペインの4か国において計8,353名にオンライン調査を行いました。
調査人数内訳:
イギリス:2,128名(10代:536名、20代:533名、30代:534名、40代:525名)
フランス:2,120名(10代:533名、20代:538名、30代:539名、40代:510名)
ドイツ:2,001名(10代:481名、20代:503名、30代:509名、40代:508名)
スペイン:2,104名(10代:521名、20代:523名、30代:525名、40代:535名)

2020年、2019年分との比較につきましては、前年に行いました同様調査を参照しております。
2020年の調査は、2020年10月2日~12月18日の期間、MADE IN SURVEYS社(フランス https://en.misgroup.io/)に依頼し、イギリス、フランス、ドイツ、スペインの4か国において計10,555名にオンライン調査を行いました。
調査人数内訳:
イギリス:2,545名(10代:1,035名、20代:485名、30代:520名、40代:505名)
フランス:2,676名(10代:1,096名、20代:530名、30代:532名、40代:518名)
ドイツ:2,627名(10代:1,080名、20代:528名、30代:517名、40代:502名)
スペイン:2,707名(10代:1,076名、20代:536名、30代:502名、40代:593名)

2019年の調査は、MADE IN SURVEYS社(フランス https://en.misgroup.io/)に依頼し、下に記載の4か国において計16,145名にオンライン調査を行いました。
調査人数内訳:
イギリス(2019年6月5日~2019年7月5日実施):4,090名(10代:1,017名、20代:1,021名、30代:1,027名、40代:1,025名)
フランス(2018年12月28日~2019年2月6日実施):4,000名(10代:1,000名、20代:1,000名、30代:1,000名、40代:1,000名)
ドイツ(2019年4月11日~2019年5月20日実施):4,010名(10代:1,005名、20代:1,003名、30代:1,000名、40代:1,002名)
スペイン(2019年5月20日~2019年6月10日実施):4,045名(10代:1,004名、20代:1,020名、30代:1,013名、40代:1,008名)


株式会社セルシスについて
セルシスはグラフィックコンテンツを制作する世界中のクリエイターを、デジタル技術で支援しています。
イラスト・マンガ・アニメーション制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT」やWEBサービス「CLIP STUDIO」などの創作活動をサポートするサービスの提供や、電子書籍ソリューション「CLIP STUDIO READER」などのコンテンツ制作・流通・閲覧にまつわるソリューションを提供しております。

セルシスコーポレートサイト:https://www.celsys.co.jp/
Twitter:https://twitter.com/clip_celsys
YouTube:https://www.youtube.com/c/CLIPSTUDIOchannel
Instagram:https://www.instagram.com/clipstudioofficial/
TikTok:https://www.tiktok.com/@clipstudioofficial


お問い合わせ先
株式会社セルシス 広報担当 増川 / 古野 / 高橋
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-15-7 パシフィックマークス新宿パークサイド 2F
e-mail:press@artspark.co.jp

法人のお客様
https://www.celsys.co.jp/clipsolution/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

記事 36445 PR TIMES
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。