節電を行った家庭にポイントを与える制度について、木原官房副長官は、参加する家庭に2,000円相当のポイントを支給したうえで、さらに節電を行った場合は、ポイントの上乗せを検討していることを明らかにした。

木原官房副長官「節電プログラムにご参加いただく家庭に、2,000円相当のポイントの支給を開始。(家庭や事業者が)もう一段の節電をいただいた場合に、電力会社の節電ポイントに国がさらに上乗せする」

さらに木原副長官は、「こうした措置を通じて、実質的に電気代負担を軽減することを目指していきたい」と強調した。

一方、開始時期については、「準備が整い次第、速やかに進めていきたい」と述べるにとどめた。