北朝鮮メディアは、朝鮮労働党の中央軍事委員会が23日まで開かれ、戦争抑止のための「重大な問題」を承認したと報じた。

韓国メディアは、核実験との関連を指摘している。

24日付の労働新聞は、23日までの3日間、金正恩(キム・ジョンウン)総書記が出席して、党中央軍事委員会の拡大会議が開かれたと伝えた。

会議では、前線部隊の作戦に「重要軍事行動計画」を追加し、「国の戦争抑止力をいっそう拡大・強化するための重大問題を承認した」としている。

この中では、核実験について具体的には触れていないが、韓国メディアは、核実験に関連する事案について、非公開で承認した可能性があると指摘したほか、戦術核兵器を最前線に配置するために、部隊編成や作戦計画を修正したと分析している。