酒に酔った北海道警の警察官が、稚内市内の住居に侵入したとして6月24日、逮捕されました。

 住居侵入の現行犯で逮捕されたのは、稚内市に住む北海道警稚内署の32歳の警部補の男です。

 警察によりますと、男は6月24日午前1時5分ごろ、正当な理由がないのに、同市内で理容師をする男性の住宅の風除室に侵入したとして逮捕されました。

 男は、施錠されていた風除室下のガラスを割り、そこから手を伸ばし内側から鍵を開けて浸入したということです。

 この事件は、住人の男性から「ガラスが割れた音がした。家に変な男がいる」との通報で発覚し、駆け付けた警察が現行犯逮捕しました。

 男は市内の繁華街にある飲食店で複数人の同僚と飲んだ後で、当時、酒に酔っていたということです。

 北海道警の久馬昌司監察官室長は、「職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、捜査結果を踏まえて厳正に対処いたします」とコメントしています。

記事 1072 北海道文化放送

北海道の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。