ミサイルのようなものを搭載した中国軍の爆撃機が、沖縄県周辺を飛行しているのが確認された。

防衛省は、中国軍の爆撃機3機が23日午後、東シナ海方面から飛来し、沖縄本島と宮古島の間を飛行したあと、太平洋上で旋回して、再び東シナ海に戻ったことを確認したと発表した。

爆撃機には、対艦ミサイルのようなものが搭載されていた。

航空自衛隊は、戦闘機を緊急発進させ、監視を続けた。

このところ、中国海軍の艦艇やロシア海軍の艦艇が、日本を周回するように航行するなど動きを活発化しており、防衛省が警戒を続けている。