岩手県陸前高田市出身で千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が6月22日、西武戦に先発し1カ月ぶりの6勝目をあげた。

中10日を空けて休養をしっかりとった佐々木投手。
約1カ月ぶりの勝ち星を狙う。
初回、先頭バッターにヒットを許したものの、落差のあるフォークと160キロのストレートで二者連続三振。

そして迎えるは富士大学出身、ホームランと打点の2冠・4番の山川選手。
147キロのフォークで3者連続三振、西武打線を圧倒する。
4回に1点の援護をもらった佐々木投手は、最速163キロのストレートと切れ味鋭い変化球でリードを守り切り、7回を投げ9奪三振、3安打無失点の快投。
ロッテがこのまま逃げ切り、佐々木投手は6勝目をマークした。

千葉ロッテ 佐々木朗希投手
「ここ何試合かあまりいいピッチングができていなかったので、何としても勝ちたかったので良いピッチングができて良かった」

記事 805 岩手めんこいテレビ

岩手の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。