財布を拾ってくれたと思った男が、まさかの逃走…被害男性が執念の追跡をするも…

財布拾って自転車立ちこぎで逃走

福岡市のコインパーキングに止まった車のドライブレコーダーが、盗難の瞬間を捉えていた。右から来た自転車に乗った男が何かを拾い、その場を離れる。

この記事の画像(13枚)

すると…。

被害者:「すみません」

直後に、自転車の後を懸命に追いかける男性の姿が映っていた。一体何があったのだろうか。

被害男性:「清算をして車を出そうと乗り込んで、乗り込む前に財布を落としていたみたいで、気づいて降りたら、自転車でそのまま持っていかれた」

事件が起きたのは、6月20日午後5時半過ぎ。被害男性は、コインパーキングで車に乗る際に財布を落としてしまう。

すると、通りすがりの自転車に乗った男が、落ちていた財布を拾ってくれたと思いきや、そのまま持ち逃げしたのだ。

気づいた被害男性は、一緒にいた同僚とともに逃走した男を急いで追いかけた。

被害男性:「まさか持っていかれるとは思っていなくて、親切な方が拾っていただいたんだろうなと。立ちこぎでスピード上げて走っていって」

被害者らが乗っていた車内のカメラにも、当時の緊迫の瞬間が捉えられていた。

車内カメラ映像:「なんか落としてる。あいつ逃げた、えっ嘘やん」

被害男性は、同僚と一緒に自転車の男を追跡。約150メートルを走って追いかけたところで、同僚が転倒したため追跡を断念した。

男は、駅がある方向へ逃走していたという。近くの防犯カメラにも、自転車のスピードを上げて逃走する男の姿が映っていた。

同僚は、転倒した際に大けがをして入院する事態となった。

被害男性:「(同僚は)アキレス腱が切れて転倒してそのまま救急車で運ばれた」

盗まれた財布の中には、現金約10万円と子どもからの大切な手紙が入っていた。

被害男性:「(子どもの手紙は)自分以外に価値がない、それだけでも返してほしい」

警察は盗難事件として捜査を進めている。

(「イット!」6月22日放送より)

イット!
イット!
メディア
記事 1730