欧米を中心に感染が拡大している「サル痘」について韓国で初めて感染者が確認されました。

韓国当局などによりますと感染が確認されたのはきのう、ドイツから仁川空港に到着した韓国人男性で、空港の検疫で「疑い例」として隔離されきょう、感染が確認されました。

もうひとり「疑い例」とされていた外国籍の人は、検査の結果、「みずぼうそう」だったということです。

このほか、シンガポールでは、きのう客室乗務員のイギリス人男性がサル痘に感染していたことが確認されています。

WHO=世界保健機関は、23日に緊急委員会を開くことにしています。

記事 521 国際取材部



世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。