この記事の画像(6枚)

大量の段ボールが山積み…18匹の犬を放し飼い

住宅街に響く、大きな犬の鳴き声。カメラにおさめられていたのは、道路を自由に走り回る3匹の犬でした。

千葉県松戸市にある、一軒家。周辺には大量の段ボールが積み重なっています。
20日、めざまし8が独自に入手した防犯カメラ映像では、1人の男が扉の前のゴミの中に立ち、段ボールをさらに積み重ね、ゴミでできた壁を高くしているようにも見えます。

さらに、別の映像をよく見てみると、敷地内には少なくとも2匹の犬がいることが確認できます。

「うるさい」「怖い…」犬の悪臭や問題行動に悩む近隣住民 悲痛な叫び

実はこの男、秋田犬を含む18匹の犬を飼育していました。冒頭の、道路を自由に歩き回る犬も、隣人が撮影していたものです。近隣住民は、犬の悪臭や問題行動に頭を悩ませていたといいます。

近隣住民:
音に反応して24時間ずっと鳴いてるので、うるさい。寝られない。90歳の母が犬の声に驚いて倒れてしまった

ほかの住民にも、話を聞くと…

近隣住民:
子どもが怖いので、遠回りして帰ってきてもらっていた

近隣住民:
ここに一匹いて、さらに塀に大きな犬が一匹いて、こちらを見ていて、すごく驚いたことがある

日常的に放し飼い状態だった犬たちに威嚇されることもあり、住民たちは恐怖を覚えたと明かします。警察には、鳴き声や敷地外への逃走など、18匹の犬に関する50件以上の通報がありました。

6月15日、千葉県警は動物愛護法違反の疑いで、飼い主の相沢英之容疑者(54)の逮捕を発表しました。

相沢容疑者は2022年4月、松戸市の自宅に犬18匹を密度の高い状態で閉じ込め、劣悪な環境で飼うなどして、虐待した疑いが持たれています。警察の調べに対し相沢容疑者は「全ての犬に愛情を持っている」と容疑を否認。
しかし…

近隣住民:
散歩に行くところを見たことない。毎日餌をあげてるだけ。秋田犬とセントバーナードがいて、秋田犬の名前はムサシと言っていたが、名前を呼んでいるのを聞いたことはない

近隣住民と男の主張は食い違っていますが、生き物を飼う以上、責任を持った行動をしてほしいものです。

(めざまし8「#NewsTag」6月22日放送)

めざまし8
めざまし8
記事 456