沖縄選挙区に5人が立候補 参院選公示

沖縄選挙区に5人が立候補 参院選公示

参議院選挙が22日公示され、改選1議席を争う沖縄選挙区には午前9時現在、現職1人と新人4人の5人が立候補を届け出た。

立候補したのは届け出順に、無所属の現職、伊波洋一氏(70)。自民党の新人、古謝玄太氏(38)。NHK党の新人、山本圭氏(42)。参政党の新人、河野禎史氏(48)。幸福実現党の新人、金城竜郎氏(58)の5人。

普天間基地の名護市移設反対を掲げるオール沖縄勢力が支援する伊波氏と、辺野古移設容認を明言し政権与党が後押しする古謝氏との事実上の一騎打ちとなる公算が大きい。

9月に予定される県知事選挙の行方も占う参院選は、7月10日の投開票に向け、18日間の選挙戦が始まった。

記事 809 沖縄テレビ

沖縄の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

参院選2022特設ページへ >>>
×