ロシアのプーチン大統領は日本時間の21日夜、多くの核弾頭を搭載できる新型大陸間弾道ミサイルを、年内に実戦配備する方針を明らかにした。

プーチン大統領は21日、モスクワで軍事関連の大学の卒業生らを前に演説し、軍事力をさらに強化していく考えを示した。

ロシア・プーチン大統領「われわれは、潜在的な軍事的脅威とリスクを考慮し、引き続き軍備の整備と強化に努める」

そのうえでプーチン大統領は、新型ICBM(大陸間弾道ミサイル)「サルマト」を年内に実戦配備する方針を明らかにした。

ロシアメディアは、「サルマト」は射程が世界最長の1万8,000km、10個以上の核弾頭を搭載できる「世界最強のICBMだ」としている。

こうした中、ウクライナでは、ロシア軍が東部の要衝セベロドネツクの全域制圧を狙って攻勢を強めている。

アメリカの戦争研究所は、ロシア軍が今週中の制圧を目指していると分析している。