埼玉・狭山市の航空自衛隊入間基地。

入間基地の食堂で、50代の自衛官が朝食をとる際に、パンと米の両方を選んだため、懲戒処分を受けていた。

停職処分を受けていたのは、第4補給処に所属する50代の男性1等空尉。

いったい何があったのだろうか。

入間基地の朝食は、パン2個か茶わん1杯分のご飯のどちらかを選択する方式。

問題が起きたのは、4月26日の朝7時40分ごろ。

1等空尉は朝食をとるため、基地内にある幹部食堂に向かった。

この基地での朝食は、1食234円。

基地に住む隊員は無料だが、基地の外に住む幹部職員だった1等空尉は、食費を払って利用していた。

すると、1等空尉はご飯を取ったあと、さらにパンも手に取ったという。

どちらかを選ぶはずが、ご飯とパンの両方を手にした1等空尉。

配膳係の指摘を受け、自ら基地に申し出たという。

1等空尉「ご飯を少量に減らしたため、パンを取っても問題ないと思った。認識不足だった」

パンは食べることなく、その場で返却したというが、20日付で停職3日の懲戒処分が下された。

SNSでは、「入間基地」のキーワードを含んだ投稿が急増。

「お腹いっぱい食べさせてあげたい」、「ルール違反はダメでも処分までする必要があるの?」などの投稿があり、午後3時過ぎには、ランキングのトップになった。

自衛隊では、食をめぐる処分が相次いでいる。

3月には、海上自衛隊名物の“金曜日のカレー”で、問題が発覚。

支給対象外の40代の防衛事務官が、2年間にわたり食べ続けていたとして、停職4日の懲戒処分を受けた。

2021年10月には、航空自衛隊施設の食堂でパンと納豆を規定量以上食べたとして、40代の3等空佐が処分された。
停職10日の懲戒処分。

今回、ご飯とパンの両方を取って、停職3日の懲戒処分を受けた1等空尉。

街では、さまざまな声が聞かれた。

20代「懲戒処分するほどのことなのかな。いっぱい食べて頑張ってという感じ」

40代「(隊員)みんなのこと考えたら、(パンかご飯)どちらかに選ぶのがいいのかな。(元が)税金って考えると、なんでもありだと困っちゃう」

1等空尉は、「朝寝坊をして、十分に朝食をとれる時間がなかったため、ご飯を減らして取り、パンも取った」と説明。

そのうえで、「取ったパンは、あとで食べようと思った」と話しているという。