ウクライナのゼレンスキー大統領は、東部の激戦地・セベロドネツクとリシチャンシクについて、かつてない最も困難な戦いになっていると述べた。

ゼレンスキー大統領「われわれはリシチャンシク、セベロドネツクを守っているが、これまでで最も厳しい戦いだ」

特に、セベロドネツクでの戦闘は激しさを増していて、市内の大半はロシア軍に制圧され、ウクライナ軍は、化学工場とその周辺の地域で守勢に回っているという。

ルハンスク州のガイダイ知事は、ロシア軍は数十にのぼる重火器を持ち込んでいて、大規模な攻撃の開始に向け、十分な火力を保有しているとの見方を示している。