各地の学校で水泳の授業も本格的に始まるこの時期、注意したいのが「プール熱」と呼ばれる感染症です。子供は特に注意が必要で症状や知っておきたい感染防止対策について小児科医に聞きました。

(青山こどもクリニック 金谷誠久副院長)
「発熱、のどが痛い、朝起きたら目が充血して目やにが多い、こういったことから疑うことになる」

「プール熱」は咽頭結膜熱という感染症で、プールの水などを介して感染することがあるためこのように呼ばれます。年間を通して感染者はいますが、これからプールの授業などが始まる夏場にかけて特に子供たちの間で流行します。

岡山県内でも患者が出始めています。

(青山こどもクリニック 金谷誠久副院長)
「コロナの影響でマスクや手洗いをみんなし始めたので流行の様相も変わってくるとは思うが、患者さんがぱらぱら出だしたので、これから増えてくるのではないかと思う」

また、「プール熱」とは呼ばれるものの感染する場所はプールに限りません。家庭内でも感染防止対策が必要です。

(青山こどもクリニック 金谷誠久副院長)
「飛沫感染と接触感染でうつる。飛沫・接触が起こりうるところならどこでも感染が起こる。接触でもうつるし、タオルで拭いたものを他の子が借りてもうつる。しゃべって、つばが飛び、その中に含まれるものからもうつる。子供がたくさん集まるところでは広がりやすい疾患」

新型コロナウイルスなどと違ってアルコール消毒が効きづらいため。特に念入りな手洗いやうがいなど基本的な感染症対策が重要と指摘します。

(青山こどもクリニック 金谷誠久副院長)
「外から帰ったらうがい・手洗いを、せっけんを使ってきっちりとする。できれば手を拭くタオルやハンカチを個人持ちにして家族の中でも分けた方が良い」

症状は1週間程度で回復するということですが感染力が強いため、十分な注意が必要です。の中に含まれるものからもうつる。子供がたくさん集まるところでは広がりやすい疾患」

この感染症の原因となるアデノウイルスの特徴として、新型コロナウイルスなどと違ってアルコール消毒が効きづらいため、特に念入りな手洗いやうがいなど基本的な感染症対策が重要と指摘します。

(青山こどもクリニック 金谷誠久副院長)
「くしゃみ、鼻水、咳なんかがある場合はマスクをして人にうつさないようにする。外から帰ったらうがい手洗いを、石鹸を使ってきっちりとする。できれば手をふくタオルやハンカチを個人持ちにして家族の中でも分けた方が良い」

症状は1週間程度で回復するということですが感染力が強いため、十分な注意が必要です。