ロシアのプーチン大統領は、国際経済フォーラムで、「ロシアは強力な主権国家として、新しい時代に入る」と述べ、「脱欧米」の姿勢を鮮明に打ち出した。

ロシア・プーチン大統領「西側諸国が、世界での自らの支配が永遠の価値だと信じているが、あり得ない。ロシアは、強力な主権国家として、新しい時代に入る」

プーチン大統領は17日、中東などへの貿易を増やすとして、経済の脱欧米化を強調した。

一方で、制圧したウクライナ東部地域のロシアへの編入について、「住む人々だけが未来を決めることができ、われわれは、すべての選択を尊重する」と述べ、地元住民が判断すれば、容認する姿勢を示した。

ウクライナのEU(欧州連合)への加盟については、「軍事組織ではないので、反対することは何もない」として、反対しない考えを示した。