イギリスのジョンソン首相が、ウクライナの首都キーウでゼレンスキー大統領と会談し、大規模な軍事訓練の提供など、今後も支援を続ける考えを示した。

ジョンソン首相は17日、首都キーウを事前の発表なしに訪れ、ゼレンスキー大統領と会談した。

この中で、ジョンソン首相は、ウクライナへの支援を継続する考えを示し、最大で1万人規模の軍事訓練を行うことなどを提案した。

ゼレンスキー大統領は、共同会見で、武器支援をさらに増加させる必要性などについて協議したと強調した。

イギリス・ジョンソン首相「ウクライナへの継続的な財政支援の必要性を十分理解している」

ジョンソン首相はまた、キーウ市内に展示されている、破壊されたロシア軍の戦車などを視察したほか、犠牲となった兵士らを追悼した。

ジョンソン首相のキーウ訪問は、軍事侵攻後2回目。