細田衆議院議長は17日、女性記者へのセクハラ疑惑などを報じた「週刊文春」の記事は「事実無根だ」として、2200万円の損害賠償などを求めて文藝春秋を提訴した。

「週刊文春」は5月、細田衆院議長が女性記者に対し、深夜に自宅に来るよう電話で誘うなどの行為を繰り返したなどと報じた。

これに対し、細田議長は、「記事は事実無根だ。悪質な印象操作や事実の歪曲も多数存在する」とした上で、「細田議長の社会的評価を著しく低下させた。名誉棄損に該当し、到底看過できない」として、「週刊文春」を発行する文藝春秋を17日付で東京地裁に提訴した。

2200万円の損害賠償の他、週刊文春誌上への謝罪広告の掲載、オンライン記事の削除を求めている。

記事 1178 政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。