また誤って振り込み。
今度は、児童手当と臨時給付金の38万円で、振込先は、同姓同名の別の世帯の口座だった。

長野・飯田市によると、2019年6月から2021年9月までの児童手当28万円と、2021年12月の子育て世帯への特別給付金10万円を、誤って、同姓同名の別の世帯に振り込んでいたという。

2022年1月に振り込まれるはずだった住民からの指摘で判明した。

誤って振り込まれた世帯の住民には、市の職員が面会し返還を求めたが、「家庭の経済状況」もあるとして、現在も返還されていないという。

長野放送
長野放送
記事 675