財務省が発表した5月の貿易統計(速報)は、輸出から輸入を引いた「貿易収支」が2兆3847億円のマイナスだった。

10か月連続の赤字で、(比較可能な1979年以降)過去2番目に大きい赤字額。5月としては過去最大の赤字になる。

原油などのエネルギー価格の高騰が続き、輸入額が過去最高を更新していることが大きな要因。さらに、対米ドルの為替が2021年5月に比べ18.7%、円安に動いている。