本山優紀記者:「住宅街のすぐそばにあるこちらでクマが目撃されました。近くの人によりますと、朝の早い時間帯でしたがパトカーが集まり、ものものしい雰囲気に包まれていたということです。」

クマが目撃されたのは6月15日午前5時20分ごろ。
福島県会津若松市一箕町で住民から「クマがいる」などと110番通報があった。
目撃されたクマは体長1メートルほどで、およそ1時間後市が設置したワナで捕獲された。

一方、午前6時20分ごろには再び近くの住宅地にクマが出没。
警察と市などが捜索しましたが見つからず、周辺の学校では教職員が付き添って集団下校する措置などが取られた。

保護者:「いやぁ心配だ。どうなっちまうんだが。まいっちゃうよ。」

会津若松市では6月15日までに5日連続で市街地にクマが出没。
6月の目撃件数は2021年の同じ時期の倍となる17件に上り、市と警察などが注意を呼び掛けている。

福島テレビ
福島テレビ
メディア
記事 605