7年前の死亡事故。両親の執念で「ひき逃げ」の罪による裁判が始まりました。2015年、長野県佐久市で起きた中学生の死亡事故で、異例となる3度目の裁判の初公判が開かれました。ひき逃げなどの罪に問われている被告側は「一度現場を離れたが、戻って救護した」などと無罪を主張しました。

ひき逃げなどの罪で起訴されたのは、北佐久郡の会社員池田忠正被告49歳です。

検察などによりますと、2015年3月の午後10時過ぎ、佐久市の横断歩道で、当時中学生だった和田樹生さんを車ではね、救護などをせず現場を立ち去ったとされています。

和田さんはその後、死亡が確認されました。

この事故を巡る裁判はこれが3度目。過去の2度の裁判では、過失運転致死の罪で執行猶予付きの判決が言い渡されましたが、飲酒運転を隠すため事故の後、コンビニ店で口臭防止用の商品を買った事実なども明らかになりました。

両親は被告が救護義務を果たさなかったとして再捜査を求め、検察は2022年1月、ひき逃げの罪で異例の起訴に踏み切りました。

15日の初公判で被告側は「一度、現場を離れたが戻って救護した」などと述べ、無罪を主張しました。

異例となる3度目の裁判の行方が注目されます。

記事 674 長野放送

長野の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。