<偽のブランド品で埋め尽くされた警察署の道場>
捜査で押収されたのは、高級腕時計『ロレックス』の偽物など、約2万点に上る。

商標法違反の疑いで逮捕されたのは、福島県郡山市にあるピースオブマインドキャリイの取締役・久保田盛嗣容疑者(68)と、同じく取締役の伊部久美子容疑者(66)、それに元従業員の齋藤光弘容疑者(54)の3人。

3人は、鑑定が終わり偽物と判明した3263点について、販売目的で所持し商標権を侵害した疑いが持たれている。
逮捕のきっかけになったのが2021年6月「中国から大量のブランド品が郡山市に搬入されている」という東京税関からの情報だった。
3人は、数年前から偽のブランド品をインターネット上で販売していたとみられている。

捜査関係者は「販売価格は相場よりは安いが、極端に安いものではない。消費者心理をつく価格だったのでは」と語る。

販売された偽物は約28万点にのぼり、売り上げは34億円以上とみられている。
警察では「捜査に支障がある」として、3人の認否を明らかにしていない。

----------
<消費者が本物と偽物を見分けるにはどうしたらいいのか?>
福島県郡山市で、年間3000点以上のブランド品を鑑定している『小平質店』

小平質店・小平隆行専務取締役:「まったくの素人ですと、分からない人が大半かなと思います。ロレックスですと、ロレックスっていう文字がちょっと滲んでいたり、あとネジとかがちょっと歪んでたりとか」

10倍のルーペを使い品物の細かい部分を確認しない限り、プロでも本物と偽物の区別はつかないという。

小平質店・小平隆行専務取締役:「(高額なものを)購入する場合はお店をちゃんと選んで、店を調べてしっかりしたお店で購入するっていうのが大事です」

福島テレビ
福島テレビ
メディア
記事 605