スペインの北部で記録された、動物たちの命がけのワンシーン。

切り立つ崖の上にいるクマ。
よく見ると、子どもを連れている。

そこへ、別のクマが近づいてきた。
交尾を迫ろうとする、オスのクマ。

繁殖シーズンのオスは、子連れのクマを襲う習性があるという。

母グマが、抵抗するそぶりを見せると、急に攻撃を始めた。

あとずさりする子どもを守るように、必死に盾となる母グマ。

崖っぷちでの激しいもみ合いが続いたが、次の瞬間、2頭とも崖から落下。

オスのクマはさらに、そのまま斜面を転がり落ちていった。

その後、母グマと子どもの無事が確認されたが、オスのクマは命を落としたという。