自作映画のオーディション中に、女性にわいせつな行為をした疑いで、自称プロデューサーの男が、きのう再逮捕された。逮捕はこれで3回目だ。

自称・映画プロデューサー吉岡康成容疑者(53)(3月 池袋署)
この記事の画像(4枚)

吉岡康成容疑者(53)は、今年1月、東京・練馬駅近くのレンタルオフィスで、映画のオーディションに来た女性にキスをするなどした疑いがもたれている。

警視庁によると、吉岡容疑者は、自主制作映画のオーディションを開催。キスシーンがある台本を渡して、自身が相手役をしていた。レンタルルームでは、容疑者と被害女性が2人きりだったという。

その台本のタイトルは「教室」。中学校の同級生だった男女が、教室で再開するという設定で、以下のシナリオ通りに、容疑者が被害女性にキスをするなどしたとされる。

実際にオーディションで使われた台本「教室」

~台本「教室」から抜粋~
茜「遅いよ・・」
淳「えっ・・」
茜「ずっと好きだったのに・・、淳のこと」
見つめ合う二人。二人は激しくキスをする。

台本にはキスシーンが盛り込まれていた

吉岡容疑者が手がけていたとされる自主映画には、男女がキスをするなどの”絡み”はなかったという。台本が、わいせつ目的で作られたものかどうかは分かっていない。ただ、吉岡容疑者が、その内容に便乗して、わいせつ行為に及んだことは間違いなさそうだ。

同じような手口で、オーディションに来た女性にわいせつな行為をしたとして、これまでに2回逮捕されている吉岡容疑者。このオーディションには、女優などを志す合わせて30人ほどの女性が参加していて、警視庁がさらに余罪を調べている。

記事 960 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。