今週の岩手県内のレギュラーガソリンの平均小売価格は165.4円となり、8週ぶりの値上がりとなった。

石油情報センターによると、6月6日時点の県内のレギュラーガソリンの平均小売価格は、1リットルあたりで先週から3・9円上がり165.4円となった。
政府が石油元売り会社へ補助金を支給しているが、それ以上に原油価格が高騰しているため8週間ぶりに値上がりとなった。

石油情報センターでは原油価格の高騰の主な要因について、EUがロシアからの原油の輸入を一部禁止していることや中国・上海のロックダウン解除による需要の拡大が見込まれるとしている。
このため、来週についても値上がりが見込まれている。

記事 797 岩手めんこいテレビ

岩手の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。