立憲民主党の泉代表は6月8日、岸田内閣への不信任決議案を提出することを明らかにした。

立憲民主党の泉代表は8日、国会内で記者団に対し「今の政府の物価高に対する無策ぶり、補正予算でガソリン対策以外は何も対策を講じなかった。国民生活を守ることにならない。経済への無策を我々としては看過できない」として、岸田内閣に対する不信任決議案を提出することを明らかにした。

泉代表はさらに「『貯蓄から投資へ』というが、貯蓄できない家庭もあり、投資する資産がない家庭も多くある中で、無神経な拡大格差にもなりかねない。生活実感のない政権に対して不信任決議案を提出する」と強調した。

各党に賛同を呼びかけ、早ければ今日にも提出する見通し。

また泉代表は、衆議院の小選挙区の数を「10増10減」することについて繰り返し懸念を示したことやセクハラ疑惑が報道された細田衆議院議長への不信任案について「今夕(8日夕方)に提出を予定している」と述べた。