ロシアのプーチン大統領は、アメリカがウクライナに長距離ミサイルを提供すれば、これまで攻撃していない標的を攻撃すると警告した。

ロシア・プーチン大統領「もし(長距離ミサイルが)供給されるなら、われわれは適切な結論に至り、十分に所持している破壊手段でまだ攻撃していない目標を攻撃する」

アメリカは「高機動ロケット砲システム」とともに、最大射程80kmの弾薬をウクライナへ提供するが、プーチン大統領は、国営テレビで「その程度の射程であれば今の状況と変わらない」と話した。

一方で、仮にアメリカがさらに長距離のミサイルを提供した場合は、まだ攻撃をしていない標的を攻撃すると警告した。

キーウの市長は5日、「インフラ施設がロシア軍の攻撃を受け、1人が負傷した」と発表した。

一方で、ロシア国防省は、「キーウ市内の工場を攻撃し、欧米から提供された戦車などを破壊した」と主張している。