大学入学共通テストの問題流出事件を受け、文部科学省は「不正行為は警察に被害届を出す場合がある」などの防止対策を盛り込んだ実施要項を全国の大学に通知しました。

共通テストや個別入試の指針にあたる来年度大学入試の実施要項には、「不正行為は、警察に被害届を提出する場合があることを周知する」と明記されたほか、「大学の実情に応じて巡視を補助する人員を確保する」などの内容も追加されました。

一方、スマホ対策として電波遮断装置の導入も検討されましたが、コスト面などから見送られました。文科省は、「不正の影響を受験生に自覚してもらう事は重要」としています。

大学入学共通テストは来年1月14日から2日間で実施され、追試験は1月28日から2日間の予定です。

社会部
社会部

フジテレビ報道局社会部

記事 761