複数メーカーの偽物販売 被害者が不審に思い…

警察の車から降りると、すっと頭を上げて歩き始めた無職の鈴木雅詞容疑者(56)。ネットオークションで偽物を販売した疑いで逮捕された。

この記事の画像(21枚)

売っていたのは、鈴木容疑者の趣味に関連したもの。自宅から押収されたのはバイクの競技用ウェアだ。

押収された偽のバイクの競技用ウェア

胸に描かれた黄色や赤の星形のロゴは、イタリアのブランドに似せたもの。

本物は1着約2万2000円だが、鈴木容疑者は偽物を1万3500円で販売していたとみられている。

事件が発覚したきっかけは、被害者の元に届いたウェアのサイズが合わなかったこと。サイズの変更ができないことを不審に思い、メーカーに問い合わせ偽物だとわかったという。

鈴木容疑者は複数のメーカーの偽物を販売し、約157万円を売り上げていたとみられている。

調べに対して「もしかしたら偽物なのかもしれない」と供述。鈴木容疑者は容疑をおおむね認め、「生活費の足しにしていた」とも話しているという。

(「イット!」6月1日放送)

イット!
イット!
メディア
記事 1740