プレスリリース配信元:HUSTAR株式会社

~コロナで高校生活や進路に影響を受けた学生へ受験指導を行うスタディチェーンの調査発表~

受験生が最短で志望校に合格するために、一人一人に合わせた受験勉強をサポートするオンラインの大学受験コーチング塾を提供しているHUSTAR株式会社は、2022年5月26日、これまでエントリー頂いた大学受験生70名を対象にした「コロナ禍の1年間、どのような影響や価値観の変化がありましたか?」というアンケート項目の結果の一部を、抜粋して公表いたします。


HUSTAR株式会社は、受験生の勉強をサポートするために、大学受験コーチング「スタディチェーン」や受験勉強に役立つTipsを発信する「難関大に独学で逆転合格するための勉強法ブログ」、英検コーチング「英検コーチ」をこれまで展開してまいりました。今年度は、京都大学、早稲田大学、慶応義塾大学をはじめとする多くの難関大学に合格者を輩出し、今も多くの方々が第一志望校に最短で合格するためにご受講されています。


自宅学習でも志望校の先輩コンサルタントによる伴走で早慶合格率86%の実績
大学受験コーチング「スタディチェーン」公式サイト
https://studychain.jp/


【本アンケートの目的】

コロナ禍に学生時代を過ごす受験生の実態を明らかにするために調査を行いました。高校生,浪人生を含む受験生が実際にどう考えて学生時代を過ごしているか、偏りないリアルな声を伺いました。

【調査概要】調査時期:2021年4月
調査地域:全国
本インタビュー対象者:大学受験生70名

いただいた受験生の声(一部抜粋)
▼文化祭や体育祭など学校行事が中止に

去年は体育祭と文化祭が中止になった。高3は体育祭と文化祭はないので自分たちの体育祭と文化祭が高1で終わったと考えるととても悲しい。修学旅行も中止になり、学校行事がほとんどなくなった。人生で一度きりしかないものがなくなってやりきれない思い。(愛知県、高校3年生、女性)




近くの農園の方と協力して、農業体験を行うプロジェクトが毎年恒例行われていたが、去年は中止。今年も中止になったと聞いて楽しみがなくなった。次々と行事がなくなっていって、正直辛い。大学生になれたとしても今みたいな状況が続くんじゃないかと少し不安。(新潟県、高校2年生、男性)




部活動の県大会が中止になった。県大会優勝に向けて3年間部活を頑張ってきたので、報われない感じがする。何事もなかったように引退することになった。毎日、毎日仲間と夜遅くまで素振りやトレーニングをしてきたが、最後の最後に全力を出しきれなくて本当に悔しい。大学の部活に絶対に入って、大学野球では必ず活躍して、くいの残らない大学生活にしたい。(宮崎県、高校3年生、男性)

▼休校期間が長い場合だと1ヶ月以上に及んだ地域も


(休校期間中のインタビュー)学校にも行けない日が多い。学校の授業の進度がどんどん遅くなって、受験勉強がうまくいかないんじゃないかと心配。家族は共働きで家にあまりいないし、正直行って勉強以外のコミュニケーションや息抜きが全くできない。ダラダラしちゃいけないと頭では分かっているけどどうしてもダラダラしてしまう。(山梨県、高校3年生、男性)




昼食時も昔のようになかなか友達とゆっくり話すこともできなくなったので、自分自身と向き合う時間が増えた。前までは親から言われたことや先生が言ったことなどを目標にしたり、夢にしたりして生きてきたけど、自分自身で本当にやりたいことを夢や目標にした方が良いということに気付けた。将来は国際系の学部に入って、海外の貧困の支援をNGOやNPOの活動に参加したりしてやってみたいと思うようになった。(沖縄県、高校3年生、女性)




予備校に行ってないので、学校が休みになり急に時間が増えた。毎日が退屈で、何をすれば良いかわからない。学校の休み時間での会話のようなものもないので周りの友達も何をしているのかや何を考えているのかがわからず、とても不安。(高知県、高校3年生、男性)

▼オフラインの自習室や学校での質問ができないなどの学習環境の変化


毎日の受験勉強を進めていく中でわからないことだらけなのに、先生に質問もなかなかできない状況で困っている。外にも出れない状況で友達と勉強することすらできなくて、なかなか辛かった。でもそんな中でスタディチェーンに出会い、早稲田大学の先輩が担任になってくれていつでも大学のことを聞けたり、わからない問題を質問できるのはすごく良かった。(北海道、高校3年生、女性)




コロナ対策をめぐって県や学校の対応が転々としていて振り回されている感じがする。一生に一度しかない高校時代を無駄にしている感じが否めない。でも周りのせいにするじゃなくて、自分で何とかしようと思うようになれた。オンライン塾を使ったり、家で勉強できるよう勉強机を掃除したり、勉強スタイルを大きく変えた。周りの環境がどうあったとしても行きたい大学に合格したい。(奈良県、高校2年生、女性)




◆大学受験コーチング「スタディチェーンについて」



大学受験コーチング「スタディチェーン」では早慶上智、旧帝大を中心 とした合格実績、コンサルタントには東大、早慶に合格した経験を持つ 社会人講師~大学生講師が数多く在籍しております。難関大学に合格し た経験を持つコンサルタントが、生徒が志望校に逆転合格できるよう、 パーソナライズされた勉強計画の作成と365日毎日学習サポート、質問 対応、モチベーション管理、確認テストを行います。従来の塾、予備校 のように一方的に「授業をする」のではなく、志望校に最短で合格する ための効率的な勉強法、勉強計画の提案、フィードバックを行うコーチングを行っております。毎日の徹底管理や面談を 通して、無駄のない受験勉強を実現することで従来では難関大に合格できないとされていた受験生もスタディチェーンで は合格できる、それが大学受験コーチングであるスタディチェーンの強みです。


<リンク一覧(スタディチェーン)>

・スタディチェーン公式サイト:https://studychain.net/
・スタディチェーン公式twitter:https://twitter.com/jukencheer
・スタディチェーン公式facebook:https://www.facebook.com/studychain
・スタディチェーン公式勉強法ブログ:https://blog-studychain.com/
・英検コーチ公式サイト:https://eikencoach.com/


■ 本件に関する取材のお申し込み先について

スタディチェーン 経営企画部 広報担当 竹本
Email:akihirotakemoto@studychain.jp
電話番号:070-8511-1674


■ 会社概要

大学受験合格へ向けて塾を7回変えた経験や色々な参考書を使ってもなかなか成績が上がらず苦しんだ経験を基に受験生 が最短で志望校に合格するために最短で一人一人に合わせた受験勉強をサポートする塾を提供しています。 「人は変われる!を証明する」をミッションに、サービスを通じて受験生に学力、自己管理力、自信を提供し、大学受験 に合格した後も独学を通して道を切り拓き活躍して欲しい、という想いを込めています。また、ミッションを実現するた めに6つの価値観である「6 WAYS」を決め、社員、アルバイト含め全員がそれら6つの価値観を大事にしながら毎日成長 しております。

会社名:HUSTAR株式会社
代表者:代表取締役社長 竹本明弘
本社:東京都新宿区早稲田町83ー5 サンライトグリーンビル3F
URL:https://studychain.jp/
電話番号:03-5155-3905
事業内容:大学受験コーチングサービスの開発・運営
     受験勉強に関するメディアの企画・運営(https://blog-studychain.com/)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

記事 36569 PR TIMES
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。