県内では21日新たに2215人の新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

感染が確認された2215人は先週の土曜日から249人減りました。

福祉施設内での療養者は382人とこれまでの最多となっていてこのうち、高齢者施設では7人が酸素投与を受けているということです。

また、県が昨日発表した県立中部病院での2件のクラスターによる感染者は12人から26人に増え救急診療の対応を一部制限しています。

県は先月、新型コロナウイルスに感染した90代の女性と50代の男性が死亡したと発表しました。

沖縄テレビ
沖縄テレビ
メディア
記事 827