距離がとれて会話がなければ、屋内でもマスク着用の必要はないと、新たな政府方針が示された。

20日、政府は新型コロナ対策のマスク着用について、新たな方針を発表した。

後藤厚労相「徒歩での通勤など、屋外で人とすれ違うことはあっても、会話はほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要がないことと明確化した」

政府の方針では、基本的な感染対策としてのマスク着用の位置付けは変更しないとしたうえで、屋外では周囲と2メートル以上の距離が確保できなくても、会話をほとんど行わない場合は、着用の必要はないとした。

また、ランニングなど離れて行う運動や、鬼ごっこのような密にならない外遊びなども、着用の必要はないとしている。

屋内については、人が少ない図書館など、周りの人との距離がとれて会話がほとんどない場合では、着用の必要はないとしている。

これに対し、通勤電車の中など距離が確保できない場合は、会話がなくても着用を推奨するとしている。

また、2歳以上の就学前の子どもについては、周りの人との距離にかかわらず、着用を“一律には求めない”としている。

後藤厚労相「夏場については、熱中症になるリスクが高くなるので、先ほどマスクを着用する必要がないと申し上げた場面では、マスクを外していただくことを推奨する」

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ/ワクチン】特設ページ