プレスリリース配信元:株式会社サンケイリビング新聞社

~新生活期のオフィスワーカーが直面する“隠れ免疫低下リスク”を、プラズマ乳酸菌を通じた「免疫ケア」で支援~

キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典、以下キリン)と株式会社サンケイリビング新聞社(社長 細井英久、以下サンケイリビング)は、キリンの独自素材「プラズマ乳酸菌」 を通じた「2週間免疫ケアチャレンジ」を、2022年4月12日(火)~4月26日(火)の期間、全国300オフィスで実施しました。この取り組みは、サンケイリビングが発行する、オフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」と共同で、オフィスワーカーの「免疫ケア」を支援するために実施したものです。


キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典、以下キリン)と株式会社サンケイリビング新聞社(社長 細井英久、以下サンケイリビング)は、キリンの独自素材「プラズマ乳酸菌」 を通じた「2週間免疫ケアチャレンジ」を、2022年4月12日(火)~4月26日(火)の期間、全国300オフィスで実施しました。この取り組みは、サンケイリビングが発行する、オフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」と共同で、オフィスワーカーの「免疫ケア」を支援するために実施したものです。

■春のオフィスワーカーは「隠れ免疫低下リスク」を抱えている!
キリンは、今年3月に社会人(2022年新卒社員含む。n=1,200)に新生活期の体調に関する調査を実施しました。当調査において、「新生活が始まる時期(4月~5月)に不調を感じたことがあるか」を尋ねたところ、71.1%が「新生活期に不調を感じたことがある」と回答しました。また「新生活で不安に思うこと」を尋ねたところ、84.6%が新生活に「人間関係」や「仕事内容」「体調や健康面」などに不安を抱えていると回答しました。不安や不調は「免疫」を低下させることから、本調査を通じて、春の社会人は「隠れ免疫低下リスク」を抱えていることが分かりました。 オフィスワーカーの皆さんにも、 「隠れ免疫低下リスク」は同様に発生すると考えられます。

<調査概要> ●調査タイトル:社会人の免疫に関する調査 ●調査期間:2022年3月28日(月)~2022年3月31日(木) (インターネット調査) ●調査対象者:1,200人 社会人/2022年4月新卒入社予定の方(各400名) 直近3カ月以内に転職や異動、昇進、転勤などの環境の変化する予定がある方(400名)
<調査詳細> https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000093994.html

■「免疫ケアを始めたい!」全国1,483オフィスが挙手
「2週間免疫ケアチャレンジ」は、「隠れ免疫低下リスク」を抱えるオフィスワーカーを応援したいキリンと、創刊から38年間、常に働く女性に寄り添ってきた「シティリビング」の想いが合致し、実現しました。
この取り組みは、オフィスの上司・同僚・後輩などと5人チームとなり、健康な人の免疫機能の維持に役立つ「プラズマ乳酸菌」を1,000億個配合した機能性表示食品「iMUSE(イミューズ)」を2週間継続して摂取いただくものです。チャレンジいただくオフィスには、ヨーグルト飲料「キリン iMUSE 朝の免疫ケア」1ケース(計30本)、「キリン iMUSE プラズマ乳酸菌サプリメント」(28粒入り約7日分)5袋をモニター品としてキリンから提供しました。

300オフィスの募集を募ったところ、応募枠の約5倍となる1,483オフィスから応募いただき、オフィスワーカーの「免疫ケア」への注目度の高さがうかがえました。

■「2週間免疫ケアチャレンジ」アンバサダーにタレントの山口もえさんを起用!
一男二女の母としても日々奮闘中、家族の健康を守るタレントの山口もえさんを「2週間免疫ケアチャレンジ」アンバサダーに起用し、シティリビング読者と同じく“働く女性”として、チャレンジを盛り上げていただきました。


【山口もえさんのコメント】
iMUSEは家族とも普段から食べたり飲んだりしていました。ヨーグルトや飲料、サプリメントといろいろなタイプがあり、自分の好きなタイミングで摂取できるのがいいですね!
「免疫ケア」としてはほかにも、ストレスは翌日に持ち込まない、発酵食品を毎食取り入れるなどを心がけています。毎日ストイックに完ぺきでいるのは大変だし続かないので、1週間くらいのスパンで、バランスを取るようにしています。
オフィスにお勤めのみなさんは日々忙しくて大変だと思います。今回の「免疫ケアチャレンジ」にみんなで取り組んでいるのは、とてもステキな職場だと思いました! みんなで取り組むことで継続の手助けにもなりますしね。これからも一緒に頑張りましょう!


山口もえさんがオフィスとオンライン交流を実施!
「2週間免疫ケアチャレンジ」期間中に、山口もえさんが300オフィスから抽選で選ばれた3オフィスのチャレンジメンバーとオンライン交流会を実施し、日々オフィスで頑張るみなさんに向けて、エールを送りました。
★オンライン交流会に参加したチームの声
「もえさんのように毎日笑顔で過ごしたいと思いました! みんなで楽しみながら免疫ケアにチャレンジできてよかったです」(A.Y)

■「2週間免疫ケアチャレンジ」モニターの約87%が「免疫ケア」を継続したいと回答
「2週間免疫ケアチャレンジ」終了後のアンケートでは、「免疫ケア」の必要性を感じ、これからも継続したいという声を多数いただきました。

★「2週間免疫ケアチャレンジ」を実施したオフィスワーカーの声
●今まで自分の体に投資したことがなかったので、2週間自分を見つめる意味でも大きな成果のあるチャレンジでした(A.M)
●毎朝飲むのが楽しみになり、手軽に続けられそうだと思いました(K.T)
●職場の仲間とみんなで取り組むことが、習慣づくりには役に立ちました(T.T)
●普段意識したことのなかった「免疫ケア」について大切さを知るきっかけになりました(R.N)
●毎日だと飽きてくるかなと心配していましたが、好きな味で量が手軽だったこともあり無理なく続けることができました(H.K)
●仲間と高い意識をもって「免疫ケア」について考えることができました。今後も継続したいです(Y.S)
※2022年4月19日(火)~5月1日(日)シティリビングWebで「2週間免疫ケアチャレンジ」を実施した300オフィスに対してアンケートを実施

■「2週間免疫ケアチャレンジ」で摂取いただいた商品



すっきりとしたヨーグルトテイストがさわやかな味わいのヨーグルト飲料。
「キリン iMUSE 朝の免疫ケア」
(100ml)[機能性表示食品]




プラズマ乳酸菌1,000億個とオリゴ糖を配合。好きなタイミングで4粒を摂取。
「キリン iMUSE プラズマ乳酸菌サプリメント」
(28粒入り約7日分)[機能性表示食品]


「免疫ケア」ができるプラズマ乳酸菌シリーズ
飲料、ヨーグルトなど多数ラインアップ




【届出表示】本品には、プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma)が含まれます。プラズマ乳酸菌はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけ、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。
・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
・本品は、国の許可を得たものではありません。
・本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES
PR TIMES
記事 45034
データ提供 PR TIMES
本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES (release_fujitv@prtimes.co.jp)までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。