メガネの製造販売を手掛けるオンデーズが宮古島市の学業支援として小学生にメガネを無償提供することになりました。

メガネを無償提供するのは国の内外に450店舗以上を展開するオンデーズで19日、宮古島市で贈呈式が開かれました。

視力矯正が必要な小学生に年1本、6年間でメガネ6本を無償で提供するもので、市内のおよそ650人が対象になる想定です。

田中修治社長は、「視力と学力には相関関係がある」と話し、決して安くはないメガネを児童の成長にあわせて提供する意義を強調しました。

オンデーズ田中修治社長「宮古島の子どもたちの学力が少しでも向上して、将来的に目がもっと悪くなっていくことが未然に防げるのであればそれが一番素晴らしい。」

オンデーズは4月から石垣市の小学生にもメガネを無償提供しています。

沖縄テレビ
沖縄テレビ
メディア
記事 820