「広告で未来を明るく!ようこそ南の島の広告祭へ」をテーマに第70回全日本広告連盟沖縄大会が沖縄アリーナで開催されました。

本土復帰50年を記念して30年ぶりに沖縄で開催された全日本広告連盟沖縄大会には、全国の新聞やテレビ、ラジオをはじめ広告関係者など会場に190人、オンラインで500人が参加しました。

優れた活動を表彰する「第一回鈴木三郎助全広連地域広告大賞」には地域の人々の願い事をのせた新幹線を一夜限りで走らせる「輝け!みんなの九州プロジェクト」が最優秀賞に選ばれました。

また、具志堅用高さんやガレッジセールが沖縄の歴史と広告の関わりについて軽快なトークを繰り広げ、芸能やスポーツ、観光など沖縄の可能性が開花していった復帰からの50年を振り返りました。

▽ガレッジセール・ゴリさん
「長い歴史を見た沖縄の中でもメディアや広告が沖縄に与えた力って非常に大きいと思うんですよね、やっぱりCMによって観光が増えたりとかメディアに乗せることによって沖縄っていうところはこういうところだ、かっこいいんだ」

▽具志堅用高さん
「スポーツもたいてい甲子園もボクシングもオリンピックもメダル獲ったんですね。あとはもう俺が生きている間にノーベル賞だよ!沖縄出身の『ノーベル賞』それしかないでしょ!」

参加者はアフターコロナを見据えた広告活動についても思いをめぐらせていました。

沖縄テレビ
沖縄テレビ

沖縄の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

メディア
記事 808