山口県・阿武町が24歳の男にコロナ関連の給付金4630万円を誤って振り込んだ問題で、警察は誤給付と知りながら使ったとしてこの男を逮捕しました。男は「オンラインカジノで使った」と容疑を認めています。

電子計算機使用詐欺容疑で逮捕されたのは、阿武町の無職、田口翔容疑者です。

田口容疑者は、自身の口座に振り込まれた、4630万円が阿武町のミスにより誤って入金されたと知りながら、4月12日、自身のスマートフォンを使って、400万円を振り替えることにより不法な利益を得た疑いがもたれています。

田口容疑者の口座では、4630万円が振り込まれた当日の4月8日から4月19日までに、一回最大で400万円など34回の出金が確認されていました。