4630万円が振り込まれた、24歳男性の口座の出入金記録が明らかになった。

20回以上に渡り”ネットカジノ代行”に振り込みか

山口県・阿武町が24歳の男性に4600万円余りの給付金を誤って振り込み返還を求めている問題。FNNが入手した男性の口座記録を見ると給付金入金前の残高はわずか665円だった。

この記事の画像(12枚)

そこに4月8日、阿武町から本来受け取るべき10万円の給付金と問題の4630万円が振り込まれ、残高は4640万円余りに増えた。

ミスに気付き、町の職員はこの日のうちに男性の元を訪れ、返金を求める。しかし、男性はこれを拒否。口座記録を見ると、その日のうちにおよそ68万円が使われていたことが分かる。

その翌々日(4月10日)には3回に分けておよそ262万円が使われた。

11日には8回に渡って合計923万円余りが使われた。

翌12日には、ネットカジノの代行会社とみられるL社とM社にそれぞれ300万円と400万円が振り込まれ、残りの額は約2687万円。それも19日までの間に20回に渡って、ほぼ全額がネットカジノの代行会社とみられるA社に振り込まれた。

「少しずつでも返していきたい」謝罪と返金の意思

町が男性を提訴するなど、返還への動きを強める中、18日男性の代理人弁護士が取材に応じた。

男性の代理人弁護士:
「男性からはお金を使ってしまったことは大変申し訳なく思っています」と。「少しずつでも返していきたいと思います」とコメントしています

男性は謝罪と返金の意思を示した。

しかし…

男性の代理人弁護士:
現実問題として、今、彼に資産も収入もございませんので、ここに書いてあるとおり、少しずつでも返していくということで検討していくことになると思います

阿武町長「真実を語っていただきたい」

返還の意思について聞いた阿武町の町長は強い口調でこう話した。

山口・阿武町 花田憲彦町長:
それはそれとして受け止める。ただ、そのことといま提起している訴訟とは切り離して、しっかり訴訟の中で真実を語っていただいて、その中から着地点を見いだす

ーー返還したいと言っているが告訴考える?

山口・阿武町 花田憲彦町長:
それよりもまず民事裁判はすでに提訴をしているわけですから、一番大事なことは真実をしっかり語っていただいていただくことが、まずは一番大事だと思います。今のお話は、それからのことだろうというふうに思います。もちろん全額を返していただきたいです。もちろん、それのために裁判をしている

町長は今後の裁判で、真実をしっかり話してほしいとの考えを示した。

小学校の卒業アルバムには「持ち金を使い果たす」

渦中の男性は小学校の卒業アルバムで「もし地球最後の日が来たら?」という問いにこう記していた。

持ち金を使い果たす

返金の意思こそ示したものの、いつからどのような形で行動に移すのかはわかっていない。

(「イット!」5月18日放送)

イット!
イット!
メディア
記事 1738