JR西日本岡山支社は、2023年度以降、山陽線などに導入する新型車両の愛称を募集しています。

愛称を募集しているのは、岡山支社管内に導入される新型車両です。

車両は、岡山のモモや広島県福山市のバラなど、沿線を象徴するピンクのラインが印象的なデザインとなっています。

この車両は、2023年度以降順次、山陽線などで約100両が導入される計画です。

JRは、愛称について、新型車両自体のイメージに加え、岡山・備後エリアの豊かさと穏やかさをイメージできるものとしています。

募集期間は、6月16日までで、JR西日本岡山支社の公式ツイッターで受け付けています。

決まった愛称は、2022年9月以降に発表され、新型車両の車体にも描かれます。

岡山放送
岡山放送
メディア
記事 1089