長野市で新たに2人の「新型コロナウイルス」の感染者が確認されました。市は、111人の患者が濃厚接触者となった「整骨院」をめぐり、クラスター・集団感染が発生したとの認識を示しました。

新たに感染が確認されたのは、市内に住む60代男性と80代男性です。

60代男性は、すでに4人のスタッフの感染が確認されている市内の「古牧整骨院」に今月9日、11日、13日の3回施術を受けていました。スタッフ4人の「濃厚接触者」として、健康観察をしていたところ22日に発熱などの症状が出ました。検査の結果、きのう23日「陽性」が判明しました。

また、80代男性は、14日に感染がわかった70代女性の濃厚接触者で健康観察をしていたところ、22日に発熱し、きのう「陽性」がわかりました。市によりますと、70代の女性も今月9日に整骨院に通っていたということです。この女性について、市は感染経路不明としていますが、発症前に都内と往来する複数人と接触していたことがわかりました。

女性の「濃厚接触者」2人の感染も確認されています。また、女性が通院した「整骨院」では、4人のスタッフと1人の患者の感染が確認されています。「整骨院」の患者の濃厚接触者は加藤市長を含め111人にのぼっています。

こうした背景から、市は、クラスター発生との認識を示しました。

長野市保健所・小林良清所長:

「クラスターと言っていいのではないか」

「整骨院」では、111人が濃厚接触者となっていますが、そのうち14人に何らかの症状が出ているということです。