沖縄の日本復帰50年の節目に、就任後初めて沖縄県を訪問している岸田首相は14日、火災で消失した首里城正殿の復元について、11月に着工する方針を表明した。

岸田首相「首里城の復元については、この11月に正殿の本体工事に着工する」

かつての琉球王国の歴史を伝える那覇市の首里城は、2019年10月の火災で主要な建物が焼失し、復元に向けた作業が進んでいる。

首里城の状況を視察した岸田首相は、記者団に対し、正殿復元の起工式を11月3日に行ったうえ、11月中に着工する方針を示した。

2026年の完成を目指しており、岸田首相は、「復元に向けて責任を持って取り組みたい」と強調した。

岸田首相は15日、沖縄復帰50周年記念式典に出席する。