大阪・ミナミのビルとビルの隙間で男性が死亡しているのが見つかった事件で、警察は司法解剖の結果、殺人事件として捜査を始めた。

大阪市中央区で13日、男性がおよそ70cmのビルとビルの隙間で血を流して倒れているのが見つかり、死亡が確認された。

死亡したのは、大阪市天王寺区に住む関将孝さん(48)で、司法解剖の結果、死因は打撲による頭部挫滅だったという。

関さんは、特定抗争指定暴力団・六代目山口組の中核組織、弘道会系の組員だったとみられる。

警察は、殺人事件として捜査している。

関西テレビ
関西テレビ
メディア
記事 352