フィンランドがNATO(北大西洋条約機構)加盟を進めていることに、ロシアのプーチン大統領は、両国の関係に悪影響を与える可能性があると警告した。

フィンランドのニーニスト大統領は14日、ロシアのプーチン大統領と電話で会談し、数日中にNATOへの加盟を申請する方針だと伝えた。

これに対しプーチン大統領は、「軍事的中立の伝統的な政策を放棄することは間違い」と強調し、「両国の関係に悪影響を与える可能性がある」と警告した。

こうした中、ロシアの政府系電力会社は、14日からフィンランドへの電力の供給を停止した。

フィンランドのNATO加盟方針への報復の可能性がある。

なお、ロシアからの電力は、フィンランド全体のおよそ10%を占めているが、スウェーデンからの輸入を増やすなどして対応できるとしている。