今年3月に宮崎市で発生した強盗事件で、県外の男ら4人が強盗致傷の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、福岡県の広告業・吉富達哉容疑者(24)や東京都の無職・南條真央容疑者(23)ら合わせて4人です。
容疑者らは今年3月、宮崎市下北方町の民家で、この家に住む高齢夫婦にけがを負わせ、現金数百万円を奪った強盗致傷の疑いがもたれています。
家に押し入ったのはこのうち2人で、関係者によりますと、容疑者らは工事関係者を装って侵入。金庫には現金500万円が入っていたということです。

(近くの住民)
「犯人が捕まったんだなと思って、やっぱりよかったなという思いがしました。」

(隣りの地区の自治会長)
「(住民から)夜も寝られないという声は私に何件か届いています。逮捕されてよかったです。」

警察で、他の共犯者や余罪などを捜査しています。

テレビ宮崎
テレビ宮崎
記事 246