来年春に向けたランドセルの販売会が静岡市で始まりました。注目は子供と環境へのやさしさです。

静岡市の商業施設で、14日から始まった販売会。

注目は都内でランドセルの製作販売を手がける会社「NuLAND」が小学生の子をもつ母親に意見を聴き、作り上げた商品です。

本体は、環境に配慮したリサイクル生地の布製で、子供の負担にならないよう従来のランドセルよりも400グラムほど軽く設計されています。

販売会に来た母親
「すごく軽かったです。重さも感じにくいみたいでいいなと思いました」

ランドセルの販売会は、静岡伊勢丹で5月29日まで行われています。

テレビ静岡
テレビ静岡
メディア
記事 560