プラモデルや模型の新商品を集めた静岡ホビーショーの一般公開が、14日から始まりました。ファンへの公開は3年ぶりで、待ちわびた多くの人で賑わいました。

鈴木櫻子記者
「3年ぶりとなる一般公開、事前予約制という入場制限はあるのですが、会場は多くの人の熱気に包まれています」

今年で60回目を迎えた静岡ホビーショーの会場には、82のメーカーの新商品が並びました。

おととしと去年は、新型コロナのために業者だけの来場となり、一般公開は3年ぶりです。

訪れたファンや家族連れは、展示品を写真に撮ったり、ラジコンの操縦を楽しんだりしながらお気に入りの品を探していきます。

巣ごもり需要が後押しになり、業界はいま大きな盛り上がりを見せているということです。

京都から来た男性
「相変わらず大盛況だなと、これぞ静岡ホビーショーという感じ」
子供
「(楽しめています?)うん、めちゃ楽しめています」

プラモデルメーカー・ハセガワ長谷川勝人社長
「(大人も)皆さん、目がキラキラしていて、きょうだけ子供になるみたいな時なので僕としても非常に嬉しいです。本当に思いっきり楽しんでいってもらいたいと思います」

一般公開は15日までですが、来場に必要な事前予約はすでに定員に達し、受付は終了しているということです。

テレビ静岡
テレビ静岡
メディア
記事 559