G7(主要7カ国)外相会合のため、ドイツを訪問中の林外相は、ウクライナのクレバ外相と会談した。

会談で、林大臣は「ウクライナ各地でのロシアの残虐行為は断じて許せない。責任を厳しく問わなければならない」と述べた。

一方、クレバ外相は、日本の支援に深い謝意を示し、「ロシア産石油の原則禁輸を表明したことを高く評価している」と述べた。

両大臣は、国際社会が結束して、強力な対ロシア制裁を続けていくことの重要性を確認した。