福岡など九州3県で2023年秋に開催される自転車競技の国際大会・「ツール・ド・九州」に向けて、13日北九州市でコースの調査が行われました。

「ツール・ド・九州」はUCI=国際自転車競技連合が認定するプロの自転車ロードレースで2023年秋、福岡・熊本・大分を舞台に4日間の日程で開催される予定です。

大会1日目にタイムトライアルレースを実施する小倉城周辺で大会関係者や市の職員など約10人がコース候補地の調査にあたりました。

大会の競技ディレクターグラハム・ジョーンズさんも参加し、道の幅や路面の状態など安全に走行できるかどうかを入念に確認していました。

大会の実行委員会は開催申請を6月に行うことにしていて「大会の実現と成功に向けて関係機関と連携して進めたい」としています。

テレビ西日本
テレビ西日本
メディア
記事 526