子の借金返済のため…横領後は沖縄に“逃亡”

夫婦で営む会社の金を横領した疑いで逮捕された、妻の井上洋子容疑者(58)。横領した目的は、子供の借金を返済するためだった。

この記事の画像(6枚)

神奈川県伊勢原市にあるソフトウェア開発会社で、経理を担当していた井上容疑者。2018年3月7日に、会社の銀行口座から100万円を引き出し、横領した疑いが持たれている。

夫婦で営む会社で起きた横領事件は、井上容疑者の元夫が、会社の口座から不審な引き出しがあるのに気付いたことで発覚。元夫は井上容疑者に「会社の通帳を返せ」と問い詰め、井上容疑者は「会社の口座から金を引き出したのは自分」と認めたという。

発覚を受け、二人は離婚。その後、井上容疑者は逮捕を逃れるため、約1500km離れた沖縄に逃亡したとみられている。

井上容疑者は数千万円にも膨らんだ子どもの借金を返済するために犯行に及んだといい、会社の銀行口座からは2018年2月から4月までの間に、合わせて約1200万円が31回にも渡って引き出されていることが判明した。

5月11日、井上容疑者の行方を追っていた警察が逃亡先の沖縄で逮捕。調べに対し、井上容疑者は「間違いありません」と話しており、警察は余罪があるとみて追及している。

(「イット!」5月13日放送分より)

イット!
イット!
メディア
記事 1671